アートメイクはダウンタイムを考慮するのが重要

思った以上にダウンタイムが長いことを実感

思った以上にダウンタイムが長いことを実感中間くらいのランクにしました長期休みの時期にしてみると症状が落ち着くまで楽に待てます

先日、アートメイクをしたのですが思った以上にダウンタイムが長いことを実感しました。
マリンスポーツをしているので、施術の数日後に行きたかったのですがかさぶたになっていて、やはり一週間程度は回復までにかかるというのは事実だったので、結局は延期したので残念です。
私の場合、眉毛にアートメイクをしたので長年のコンプレックスだった眉毛がとても良い感じになったのは良かったのですが、はじめは少し不自然ですしダウンタイムの期間中は少し違和感がありました。
施術の途中では、意外と麻酔がきいていてチクチクする程度だったので安心です。
でも、麻酔が切れた後の方が逆に違和感があったのが意外でした。
アートメイクは、ずっと前からやりたかったのですが結構料金が高いので躊躇していて、最近やっと施術が受けられたので良かったです。
思った以上に、今では快適でメイクをしなくても済むようになったのですが唯一気を付けたほうが良いのはダウンタイムと言えます。
重要な行事などがある場合には、それを避けたほうがいいですしできれば一週間以上は開けたほうがよさそうです。

アートメイク ダウンタイム【眉アートメイク】施術後7日間の様子